スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZVW50系プリウス:サイドブレーキのリコールと謎のフィルム

ユーザーの皆さんにはすでに郵送による連絡が行きわたっている頃でしょうからご存じの通り、ZVW50系プリウスに初の大規模リコールが発生しました。21万台が対象ということで、初期生産型からつい最近のものまで含めて、ほぼ全台がリコール対象です(笑)

リコールの内容はサイドブレーキのワイヤーが外れてしまうことがある、という、トヨタにしてはポカミスですが状況によっては危険な事故にもつながりかねないものです。
郵送で連絡があり、その次の日にはディーラーから連絡がきたので早速リコール改修作業を実施してきました。
作業自体は約15分ほどで終わる簡単なものでした。

ところで今更ですが、リヤドアの後端のこの部分に謎の透明なフィルムのようなものが貼ってあるのに気が付きました。
リヤドア付近の謎のフィルム
納車時用の保護シールをはがし忘れていたのかなとも思ったのですが、かなり強力に貼り付けてあるようでおかしいなと思って聞いてみたら、傷防止のシールとのことでした。
これをはがすと塗装を痛めるのでこの状態のままが正常とのことですが、シールのふちに埃がくっついてしまい、近くで見るとちょっと汚くなっているのが気になりますね。

スポンサーサイト

テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

ZVW50系プリウス:シート脇に「すきまトレイ」を装着

新型プリウスも発売から10か月たち、国内の出荷台数も20万台を超えてきました。
そのおかげで新型プリウス専用のパーツやアクセサリ用品もだいぶ増えてきましたね。
ただ、専用品はお値段が少し張る傾向があるので、もし汎用品でちょうどいいものがあるとなんだかお得な気がしますよね。
今回は、安くてそれなりにフィットする汎用の製品をひとつ見つけてきたのでご紹介します。

カインズホームのPB商品「スリムタイプ すきまトレイ」です。
なんと、お値段は2個入りでたったの398円。
すきまトレイパッケージ

すきまトレイパッケージ裏面
パッケージの写真はあきらかにZVW30型プリウスですね。30型はセンターブリッジに高さがあったので、このすきまトレイはちょうどよさそうです。
50型ではフィットできるかどうかわかりませんでしたが、安かったし買ってみることにしました。

すきまトレイ中身1
樹脂製の薄くて細長いポケットのような形状のものが2個入っています。
すきまトレイ中身2
底は平らになって少し厚くなっていて硬いですが、全体的に弾力を持ったやわらかさで、すきまに合わせて変形できるようです。

差し込んだ様子1
写真が上手く撮れなかったのですが、奥まで差し込むとシートの座面を超えない程度になります。
差し込んだ様子2
シートに挟まれた中央部分がつぶれるので、タブレット端末のような大きいものは入れられなくなりました。
差し込んだ様子3
30型だとパッケージ写真のようにセンターブリッジに合わせた高い位置に設置できそうで、入り口が広くできるので使いでがあるのかもしれません。
差し込んだ様子4

ポケットティッシュを入れた1
前後にできたスペースに、ポケットティッシュを入れてみました。5インチくらいのスマホならちょうどよく入りそうです。
ポケットティッシュを入れた2
着座したときに足に干渉するかな?とも思いましたが大丈夫でした。


しっかりと固定するには両面テープなどを使ったほうがいいかもしれませんが、とりあえずこの状態でしばらく使ってみようと思います。
ぶっちゃけていうと、よりよいフィット感を求めるならプリウス専用品のほうがおすすめです(ぶっちゃけた)。

テーマ : DIY日記
ジャンル : 車・バイク

最近の記事
プロフィール

Bonezine

Author:Bonezine
狭い視野で浅はかな発想と奇異な日常を語ります。本気にしちゃだめだよ。

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。