スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCの買い方がわからない人へ

なんか、新しくPCを買い替えたいけどどれにすればいいのか分からないっていう人を某SNSで見かけたのだけど、個別に対応するのも疲れるので、2010年5月現在、シロウト向けのPC選びのマニュアルを書いてみた。
ただし、これはあくまでも個人的、主観的なものであり、事実誤認もあるかもしれません。
これを参考にして貴方が「失敗した」と感じてもまったく責任は負えませんので予めお断りしておきます。

(1)まず「目的」を決めてください。

初心者にありがちなことなんだけど、PCを購入して、その後何をしたいのかがわかっていない。
まあ、そういうときいちばん簡単なのは、今すでにPCを使ってる人の真似をすればいいんですがね。

まず、ネットにつないでなんとか、というのはいまどきのどんなPCでも出来るので問題外。

たとえば「オンラインゲーム」できれば具体的なタイトルとか言ってくれれば、必要なスペックは想定できる。
仕事で使うなら、使いたいアプリケーションの名前くらいまで把握してくれれば。
たとえばOffice2007が動かない機種ってのは現状新品で売ってる機種ではほぼ、あり得ません(激安ネットブックや超小型モバイルを除いて)

また、PhotoShopCSとか3DCG系のプロ志向ツールを使いたいとか、ビデオの編集を「快適に」行いたいっていうならば、それなりの高いスペックのPCでないと難しいし。

(2)次に「大きさ」を決めてください。

これは、可搬性や形状も含む。

ハイスペックな要求が無ければ、ディスプレイ一体型やノートPCでもいいし、持って歩くのが前提なら当然、ノート型PCを選ぶしかない。

形状にこだわらないのであれば、普通のタワー型のPCを選んでおけば、比較的安価だし、後に汎用パーツも追加可能だし、ディスプレイやキーボードやマウスの交換も簡単に可能。

(3)最後に「予算」を決めてください。

結局のところ、使い道と大きさ(形状)さえ決まっていれば、あとは予算の制限枠内で一番いいスペックのものにしておけば、問題は起きない。

っていうか、予算に制限がないなら、店で売ってる一番高いの買え。それでなんでもソツなくできるはず。


以下、具体的に。

・ノートPCを買うなら、想定よりも少し高いスペックのものにしておこう

購入後は簡単にアップグレードすることができないため。
特に画面の大きさと解像度は変更できなくて後悔する点。
CPUはたとえばAtomよりもCULV、CeleronよりもCore2Duo、みたいな感じで同機種だったら1グレード上を。

・OSはWindows7の64bit版をお勧めする。

OSが使用できるメインメモリーの上限が、32bitだと3.2GBくらいなので、将来メモリーを大量に要求するアプリが出た場合32bitでは不利になる場合がある。
互換性に不安を感じる人もいるようだが、64bit対応アプリは増加しつつあり、逆に古いものを切り捨てるチャンスと考えるべき。

・Windows7のグレードはHome Premiumで十分。

セキュリティやバーチャルPCなどの高機能オプションは、個人で使用する一般のユーザーには理解されてないし、使う機会もあまりない。

・CPUスペックに騙されるな

最近のCPUは初心者がするような軽い仕事をさせるだけならどれでも十分だし、むしろ着目すべきは消費電力と価格。
特にintelは種類が多くて性能比がわかりにくいので気をつけて。
ショップブランドPCを買う時、もし選べるならばAMDのCPUを使った機種が、比較的安いことが多い。昔ほどの悪い評判はない。
FPSゲームや重たいアプリを使わないのであれば、Corei3-530程度で十分。
AMDを選ぶなら、PhenomX2-555あたりがコスト的にベストチョイスだと思う。

・メモリは予算の許す限り積めるだけ積め

足りなくて困ることはあるかもしれないが、多くて困ることはないし、これまでOSやアプリの消費メモリは増えることはあっても減ったためしがないので。
今ならとりあえず2GB×2枚の4GBで。

・ビデオアクセラレータ(VGA)は不要な場合が多くなってきた

最近のPCはオンボードで最初から基本的な3Dグラフィック性能を持っているものが多い。
FPSなどのシビアでハイスペックな3Dゲームでなければ、だいたいのゲームがオンボードグラフィックスでも動作出来るようになってきている。
ただし、ノートPCでは簡単に増設ができないので、もし必要なら最初からVGAの搭載されているモデルを選ぶしかない。

・ハードディスク(HDD)の容量について。

これもメモリーと同様で多ければ多いほうがいいが、年々容量の増加と価格の下落が激しいので、動画の保存など大容量のデータは別に外付けにしてやればいくらでも後から増設できるので、とりあえず500GBあれば問題ない。(すでに1ドライブで500GB未満のデスクトップPCが少なくなってきた)
3.5インチHDDのバリューゾーンは1TB以上に移ってきている。今なら1ドライブ1TBくらい積んでるのが「普通」と言えるだろう。デスクトップPCでは。
ノートPCについては250GBくらい積んでいるのが普通になってきた。

<おまけ>

アンチウィルスソフトについて、Windows7で個人で使用するならば「Microsoft Security Essentials」をお勧めしておく。いわゆるファイル交換ソフトや、変なアプリどんどんぶち込む、みたいなグレーなことに使ってないPCなら、これで十分。無料だし。
スポンサーサイト

テーマ : PC買い替え
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

Bonezine

Author:Bonezine
狭い視野で浅はかな発想と奇異な日常を語ります。本気にしちゃだめだよ。

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。