スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回生ブレーキ0.3Gという「セーフティ」

BMWのMINI EというEVがプレス向け試乗会を経て、間もなく実際に公道を走り出すらしい。
現状ではバッテリーの容積とか走行可能距離など、内容はまだまだ実験的な要素が強いので良し悪しを語る段階ではないと思う。

だけど、このMINI Eで最も興味深く思ったのは、回生ブレーキの設定。
アクセルを離すだけで最大で0.3Gもの回生ブレーキがかかる設定だという。
数字で言われるとわかりにくいけど、フルブレーキングが1Gだというから、かなり強めの減速感があるはず。

で、思った。

これは一種の「ペダルの踏み違い」に対するセーフティとしても働くんじゃないかなあ。と。
普通の車では停車させることも加速させることも動作感覚的には「ペダルを踏み込む」という動作になっているので、もし踏み間違いをした場合には最大限の失敗になってしまう。

MINI Eのように「減速する時にはまずペダルを放す」という感覚が身についていれば、あわてて踏み込んでしまう前に「まずペダルから足を上げる」という動作につながって、最大限の失敗は避けられるのではないだろうか・・・?

今のAT車のほとんどは燃費効率を上げるためにだろうか、アクセルオフ状態では、なるべくフリクションを減らして滑走するようになっている。エンジンブレーキが必要な時は別途シフトチェンジが必要になるくらい。

プリウスなどのハイブリッド車でもそうで、通常時はアクセルペダルを放しても、回生ブレーキは最低限しか作用せず、なかなか速度が落ちるようにはなっていない。
既存の車との違和感をなくすための仕様なのかもしれない。

MINI Eのような「全力回生ブレーキ」が一般化すれば、減速時にかならずしもブレーキを踏まない運転習慣がポピュラーなものになるのかもしれない。

ただし、回生ブレーキでブレーキランプが点灯しないとすると、たとえば高速道路などでうっかりアクセルオフしてしまったときなど、危険性はあるのかもしれないが、それはそれでソフト的に対応可能だろう(うっかり急減速の時にもエマージェンシーブレーキランプを点滅させるとか)

そんな妄想をしてみた。
スポンサーサイト

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

Bonezine

Author:Bonezine
狭い視野で浅はかな発想と奇異な日常を語ります。本気にしちゃだめだよ。

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。