スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤを交換したら結構快適になった

うちのプリウスも新車で買ってから4年半を過ぎたけれど、新車装着時から夏タイヤを一度も交換していなかった。
走行は44000kmほどで、ひび割れなどの異常も見られず、溝はまだ2.5mm以上残っていて安全基準上は使えるのだけれど、全体的にゴムが固くなっているような感じはしていたのでそろそろ交換したいと思っていた。
たまたま先日山道を走ったときに、少々グリップ力に不安を感じたので、お盆に遠出する前に交換しようと決心した。

通販で最安値で入手して取り付けだけ頼む、というのが安く上げるための常套手段のようだけど、そこまでして安く上げようとは考えてなかったので近所のタイヤ専門店とカー用品店をめぐって、結局のところ大手のカー用品店が総合的に割安で扱っているメーカーも在庫も豊富だったので決めた。予算は4本まとめて交換・バランス・廃棄等全部込みで5万円と考えていた。

うちの2010年式プリウスSの新車時装着タイヤはヨコハマのS70で、プリウスの他にはウィッシュなどのミニバンにも装着されているエコ性能と長寿命を重視したタイプらしい。
一説によると静穏性能の高いdBシリーズと同様のパターンなので静粛性もあるのではといわれている。
また、同じプリウスでもロットによってはブリジストンのエコピアEP25が装着されているという。

個人的にはブリジストン信奉者なのでブリジストンのエコピアを選ぼうかと思ったのだけれどやはりトップブランド?ということで他の同クラスのタイヤよりもお高めの値段設定になっていた。
悩んだ結果、予算での折り合いと、新車装着タイヤがヨコハマだったことで、比較の意味も考えてBluEarth AE-01Fを選択した。

ヨコハマ BluEarth AE-01F

BluEarth AE-01Fは燃費最重視のエコタイヤであり、転がり抵抗指標は"AAA"と最高なのに対してウェット性能指標は"c"と少し控えめなので、雨の日の制動力に不安がないといえば嘘になるが、それでも古くなったS70より悪いということはないだろう。
2015年第11週製造という多分春の履き替えシーズンの残り物だけど気にしないw

装着後、実際に走行してみると…
ハンドルが軽く回せるようになった。冬場にスタッドレスに変えたときにも同様に感じた、多分、新しいゴムの柔らかさなのだろうと思う。
・コーナリングもハンドルが軽くなったせいもあり快適になった。急カーブの山道でも特に不安感はない。
・ロードノイズというか、常に尻の下から感じていたゴーという感じの振動が明らかに減っていた
・アクセルを踏まない状態での惰性走行が長くできるように感じる。
・ブレーキの感触が少しなめらかになった気がする。主に停止のときにふんわりと停める(カックンブレーキを避ける)制御が楽になったように感じた。
・総合的に言えば、以前よりもかなり快適になった。安全面への不安も遠のき、費用対効果は十分高いと思う。

今後、雨の日の性能はどんな感じになるのか、実燃費への影響は出るのか、しばらく様子見してみます。
スポンサーサイト

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

Bonezine

Author:Bonezine
狭い視野で浅はかな発想と奇異な日常を語ります。本気にしちゃだめだよ。

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。