スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZVW50系プリウスDIYメモ:ヒューズボックスからの電源取り出し

日常生活でクルマを使うようになってから結構な回数のヒヤリハット事案を目撃したことと、実際に目の前で事故が起きたのを目撃した経験から、万が一のことを考えてドライブレコーダーを導入しました。
市販のほとんどの後付ドライブレコーダーは電源をシガーソケットからとるようになっていますが、ZVW50系プリウスの場合シガーソケットはひとつしか空いていないし、毎回必ず使うことを考えると固定配線をした方が確実ですので、ヒューズボックスから電源をとってシガーソケットを増設することにします。


今回使ったパーツ:
・フリータイプヒューズ電源低背タイプ(エーモン 2837
・結束バンド
・8mmΦくわ型圧着端子(エーモン E331
・ギボシ端子セット(エーモン 1151
・配線コード(0.75sq電線)
・シガーソケット(今回はシガーソケット2連アダプターを分解して使用、 市販パーツの例:エーモン 1548

今回使った道具:
・電工ペンチ(フジ矢 万能電工ペンチ FA106
・ソケットレンチ(多分10mm?)
・はんだごて(必要に応じて)
・導通チェック用のテスター(できれば)


ZVW50系プリウスのキャビン側のヒューズボックスは説明書にあるとおり、助手席のグローブボックスの下のパネルを外したところにあります。外し方は取り扱い説明書を参考にすれば簡単です。
助手席下ヒューズボックス

ヒューズの配置はフタの表面に書いてあります。ロシア語や中国語の記述もあってグローバル感満載です。
一般人にとっては意味がわかりにくい略号文字ですが、今回は "P/OUTLET NO1"(テスターで調べると、これはシガーソケットへ直結しています)の15Aのヒューズからアクセサリ電源(ACC)を分岐させることにします。
ヒューズの配置(フタ)

ヒューズボックスのフタを外したところです(写真は上下が逆になってます)
ヒューズボックスのフタを外したところ

"P/OUTLET" 15Aのヒューズを外し、替わりにヒューズ電源のプラグをしっかり奥まで差し込みます。(画像ではしっかりささっていませんが、後からきちんと差し込みました)
このとき、必ずテスターで車両側とヒューズ側(シガーソケットに繋がる側)の導通を調べ、車両側のほうから電源を取ります。
今回の場合、ヒューズボックスの外側の端子が車両側に繋がっていました。
テスターがなくても調べることは可能ですが、パワースイッチをACCに入れたり切ったりしなければならないので面倒です。
ヒューズ電源を配線する

ヒューズから分岐した配線を、周囲のハーネスにインシュロック(結束バンド)で固定します。
ヒューズの配線を固定する

作業途中の写真を撮り忘れましたが、ヒューズから引き出したプラスの配線をギボシ端子と配線コードで延長して、助手席の内装の裏を通して助手席側シートの下まで引っ張っています。
ヒューズの配線を固定する

今回は2連シガーソケットアダプターを分解して、元の線を取り外して配線コードをハンダ付けして使用しました。
専用のソケットパーツか、ちょうどいいコードの長さのアダプターであればハンダ付けする必要はないでしょう。
シガーソケットを分解

マイナス側をボディアースに落としますが、ヒューズボックス周辺にはアースに落ちているボルトが見当たらなかったため、やむを得ずコンソールボックスを固定しているボルトから取り出すことにしました。
センターコンソールボックスの後ろのパネル

左側のボルトから、8mmΦのクワ型端子を使ってアース線を配線しました。
センターコンソールボックスの後ろからアースをとる

今回使用したフリータイプヒューズ電源低背タイプ(エーモン 2837)は、標準で5Aのヒューズが入っています。また、0.75sqの配線コードも12Vでは5Aまでの許容量となっています。
ドライブレコーダーの電流は最大1A程度なので問題はないですが、複数の機器をつなぐ場合は合計の電流が配線及びヒューズの容量を超えないように注意が必要です。

なお、この記事を参考にされたことによって起きた全ての事象について、私は一切の責任は負いません。[At Own Your Risk]
スポンサーサイト

テーマ : DIY日記
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

Bonezine

Author:Bonezine
狭い視野で浅はかな発想と奇異な日常を語ります。本気にしちゃだめだよ。

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。