スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤ交換してみた

都会に住んでたときは庭もないし、これまでは車をゆっくりいじれる時間も自由になるスペースもなかったので、スタッドレスタイヤへの交換もディーラー任せだったんですが、まあ不景気だし収入も減る一方だし、運動不足の解消にもなりそうなので、今年からは自力でやることにしました。

【今回使った道具】
・車載ジャッキ
 タイヤの交換程度なら車載ジャッキで十分でした。オイル交換となると油圧ジャッキとウマが必要ですがさすがにそこまではしませんし。
プリウス車載工具
・十字レンチ(カインズブランド)
 これも車載工具で十分ですが、回す時に両手で力が入れやすいのと、回転させてナットを外すのに便利です。
・トルクレンチエマーソンEM-29
 命を載せて運ぶ車のタイヤですから、適正トルク(ほとんどの乗用車では103Nm)で締めないと安全性に重大な影響があるので、ここをケチるわけにはいきませんでした。とはいえAmazonでは安い部類です。
・車止めエーモン V588
 平地での作業なのでレンガやブロックや角材を三角に切ったものでも代用できますが、一応買っておきました。
・空気入れ/エアコンプレッサーMeltec ML270
 タイヤの保管中は空気を抜いておくので、交換した後適正空気圧まで追加する必要があります。
 車載工具にエアコンプレッサーが搭載されていますが、プリウスの場合にはパンク修理剤専用タイプなので購入しました。
 運動のためには足踏み式でもいいのですが、保管の時にサイズが大きめになるのでコンパクトなタイプにしました。
エアコンプレッサー
・エアゲージ(カインズブランド)
 規定の空気圧よりも低いと燃費が悪化したりタイヤの寿命を縮めてしまう恐れがあり、またエアコンプレッサーの表示数値が正しくない場合もあるし、点検にも使えるので用意しました。(表示がkPaでない古いものはあったんだけど、買いなおしました)
・ボロ布/雑巾
 滅多に露出することのないハブや、ホイールを拭き掃除するのに使います。

【作業の準備、心構え】
・汚れてもいい服装に着替えましょう。
・手袋をしましょう。
・車載工具の使い方やジャッキアップポイントは、車両に付属のマニュアルをしっかり読みましょう。
・平坦で、ジャッキを使えるような固い地面、周囲に障害物がない、安全な作業スペースを確保しましょう。
・天候が悪い時(雨や強風の時)はやめておきましょう。
・夏場など、気温が高い時は熱射病に注意して、無理せず休憩しながらやりましょう。
ホイールを外したところ

【気がついたこと:コツ】
・ジャッキアップする高さは、外す前のタイヤが地面から1cmくらい浮く程度にしておくと楽です。低すぎるとつけはずしで地面にひっかかりやすく、高すぎるとナットを外す時やはめるときにタイヤが傾き、やりづらくなります。
・タイヤを外す時とハブボルトにはめる時は、タイヤの下に雑巾などを置いて高さを合わせるとやりやすくなります。
・最後に空気圧を調整し終わるまで、ホイールキャップは外したままにしておいたほうがエアバルブにアクセスしやすいです。
・年間走行距離が多い場合、ローテーションのことを考えて履いていた位置(フロント/リア)を記録しておいた方がいいかもしれません(うちは走行距離が多くなく、偏磨耗も確認できなかったのでしていません)

【おまけ知識】
スタッドレスタイヤの寿命や保管方法はメーカーやタイヤ屋さんによって意見が分かれる部分があるのですが、だいたい共通する部分は以下の通りでした。
・スタッドレスとして使える走行距離の目安は1万~1.5万km、5年(5シーズン)程度まで
・ホイールをつけたまま保管する場合は空気を抜く。
・ホイールをつけたままの保管では変形を防ぐために横積みがいいが、1シーズン程度ならあまり気にしなくても良い
・直射日光や雨ざらしを避ける(屋外の場合は市販の遮光タイヤカバーをかける)
・湿度は常識的範囲なら気にしなくてもいいが、結露はよくないので風通しのある場所がよい
・保管する前にタイヤの汚れをとる(油脂類は特に劣化の原因)
・タイヤを包んでいるビニール袋は輸送用で、保管時には外す(結露の原因になる)



スタッドレスタイヤからノーマルタイヤへの交換を業者に頼むとだいたい税別で2000円~3000円かかります。
工具を一度購入すれば、年間に2回の出費を減らすことができるため、特に保有台数が多い、うちのような田舎では自力で交換している家が多いようです。
うちは軽とプリウスの2台なのでわずか一年で工具代の元は取れてしまう計算になります。
ただ、作業自体には馴れていないと手際よく安全に行うのは難しいし、タイヤを運んだりナットを締めるのに結構力が要る作業でした(運動不足だったので、筋肉痛になりました)し、もし作業にミスがあったりして事故に繋がったとしても自己責任になることを考えると、改めて、整備士さんたちへの敬意を払うべきだと思いました。

なお、うちのプリウス(Aグレード15インチ)の指定空気圧はフロント250kPa/リア240kPaでしたが、燃費を考慮してフロントを255kPa/リアを250kPaに調整してみました。今のところ走りやノイズなどに影響はない模様です。
一ヶ月ほどたったら空気圧と、ナットの締め付けトルクを再点検する予定です。(本来、運転者が定期的にやらなければいけない点検項目の一つですが…やってませんでしたw)

なお、この記事を参考にされたことによって起きた全ての事象について、私は一切の責任は負いません。[At Own Your Risk]
スポンサーサイト

テーマ : DIY日記
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

Bonezine

Author:Bonezine
狭い視野で浅はかな発想と奇異な日常を語ります。本気にしちゃだめだよ。

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。