スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRIUS PHV日本仕様がだんだんと明らかに

プリウスPHVの日本仕様車両が一般に公開されました。

トヨタ、「スマートコミュニティJapan 2016」で新型「プリウス PHV 日本仕様」を初公開
新型プリウスの真打ち登場!「プリウスPHV」ソーラー発電も備えた日本仕様を初公開!【写真116枚】
トヨタが新型「プリウスPHV」を日本で初お披露目! その姿を写真で紹介する。

今回、公式スペシャルサイトも更新され、新たに詳しくわかったことが何点かあるので、メモ的に書いておこうと思います。

・ソーラー発電ルーフの出力は最大180W
 ZVW30のソーラールーフと比べると大幅にアップしている

・ソーラー専用バッテリー(ニッケル水素)が搭載されている
 ソーラーバッテリーの出力はいったんニッケル水素バッテリーに蓄電されて、そこから駆動用バッテリーまたは電装品用に使われる

・諸元表の表記に、2つめのモーターの型式と数値が加わった。(2モーター駆動が可能になったため)
 モーター型式 : 1NM/1SM
 最高出力 kW(PS) : 53(72)/23(31)
 最大トルク N・m(kgf・m) : 163(16.6)/40(4.1)

・諸元表のCd値が僅かに悪化している
 Cd値 0.25 (ZVW50系プリウスは0.24)

・外見や内装からわかる細かいこと
 灯火類はヘッドライトからターンランプまで全部LEDだが、室内灯は不明
 ボディカラーは全9色で、新専用色はスピリテッドアクアメタリック〈791〉、ノーマルプリウスにあったダークブルーマイカメタリックはなくなっている。
 充電口のフタはガソリン給油口よりも大きいサイズになっていて、中には2つのコネクターが入っている。
 センターコンソールボックス後部の形状が異なり、AC100Vコンセントが高い位置にある。(ノーマルプリウスはセンターコンソールボックス後部の下のほうにある。
 ソーラールーフモデルでは、シャークフィン型アンテナの色は黒になると思われる(NYショーモデルではボディ同色だった)
 シートのデザインはノーマルプリウスとは別のものになっている模様
 シフトレバーパネル周辺はほぼ同じだが、一番端のEVモードボタンがEV-HV切り替えボタンになっている
 リヤラゲッジのアンダートレイは分割開閉で、手前の部分にはトノカバーや工具をしまうスペースがある模様
 リヤハッチの内側部分を見ると、CFRPであることが一見してわかる。ノーマルプリウスでは塗装色の部分が、いわゆるカーボン繊維の地がそのまま出ている。
 リヤハッチガラスの上端部分に、アンテナらしき導体のパターンが見える。テレビかGPSかあるいは?
スポンサーサイト

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

Bonezine

Author:Bonezine
狭い視野で浅はかな発想と奇異な日常を語ります。本気にしちゃだめだよ。

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。