ZVW50系プリウス:USB電源を外してイオン発生機を装着

以前、空いているスイッチホールにUSB電源コネクターを設置しましたが、実際に使ってみるとこの位置からケーブルを引いてスマホを使っていると、トレイにスマホを置く場合などにドリンクホルダーの上をケーブルが這うことになるので、ちょっと邪魔になっていました。

というわけで、USB電源コネクターの位置を変更します。
今回はまずスイッチホールからUSB電源ユニットを外して、空いたホールに「イオン発生機」を取り付けてみようと思います。
今回使ったパーツは 槌屋ヤック 車用除菌脱臭イオン発生器 CD-144 です。
マイナスイオン発生機箱
トヨタ車用です。
マイナスイオン発生機箱上
50系プリウスにはこの形状のスイッチホールはセンターコンソールのシガーソケットの横1か所にしか見当たらないので、設置できるのはここだけということになってしまいます。

USB電源とイオン発生機
取り外したUSB電源コネクターと、今回取り付けるイオン発生器です

内装の取り外し方などは ZVW50系プリウスDIYメモ:USB電源ソケット増設 を参照してください。

配線が長い
配線がかなり余るのですが、アース側はクワ型端子がついていてもったいないので切断せず束ねてしまうことにします。本当は適度な長さに切断して調節すべきです。
まとめて配線
プラス側は切断して短くしました。
前回と同様、エレクトロタップでシガーソケットの配線から分岐しました。

アース接続
アース側の配線は前回のUSB電源コネクター取り付けのときと同じです。

イオン発生器スイッチオフ
イオン発生スイッチオフの状態では赤いLEDが点灯します。

イオン発生器スイッチオン
イオン発生スイッチオンの状態では青いLEDが点灯します。
鼻を近づけるとごくごく僅かにオゾン臭がするので、動作はしているようです。通常はスイッチオンのままでよいと思います。

で、しばらく運用してみましたが、効能はあるのかどうかというと、正直言ってよくわかりません(笑)
ただひとつだけ気づいたことに、乗り降りした時にドアで静電気のバチッという放電を起こしにくくなったような気がします
イオンで帯電を除去するという技術は工業用やの装置等で実用化はされていますが、まさかとは思いますがそういう効果が得られているとしたならちょっと予想外でした。
まあたまたまかもしれないので、これから先さらに乾燥してきてどうなるのか様子見したいと思います。

なお、今のところラジオやオーディオ、ナビへのノイズの影響はありません。

なお、この記事を参考にされたことによって起きた全ての事象について、私は一切の責任は負いません。[At Own Your Risk]
スポンサーサイト

テーマ : DIY日記
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

Bonezine

Author:Bonezine
狭い視野で浅はかな発想と奇異な日常を語ります。本気にしちゃだめだよ。

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる