スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZVW50系プリウス:USB電源の位置を変更

前回、スイッチホール取り付け型のUSB電源を取り外して、イオン発生器を取り付けた件の続きになります。

50型プリウスの場合、トヨタ標準型のスイッチホールはセンターコンソールボックス前についているシガーソケットの脇、ひとつだけのようです。なので、移設先は自分でなんとかしなければなりません。
とはいえ、内装に穴をあけたりするのには抵抗があるので、この前取り付けたすきまトレイを加工して利用してみることにします。

すきまトレイとUSB電源
助手席側のすきまトレイを外してきました。

とりはずしたUSB電源ユニット
固定用の穴を開けるのは面倒なので、スポンジテープでクッションをかませて挟みこむようにしてみます。

USB電源ユニットにスポンジを巻きつける
スポンジテープを巻きつけて。

そのうえにブチルゴムテープをを巻きつける
ブチルゴムテープで巻きました。

USB電源をすきまトレイに押し込む
すきまトレイの助手席側に押し込んだら、なんとか固定されそうな気配です。

すきまトレイの下に穴をあける
電線が通る穴をあけます。
やわらかいプラスチックなので傷がつくことはないでしょうが、念のためゴムブッシュを入れておきました。

USB電源ユニットの線を切断して通す
電線を穴に通します。
今回、ヒューズはシガープラグに内蔵されているものを使うので、切断してしまいます。

USB電源ユニットの線を穴に通す
電線が通りました。

コネクタ接続
コネクタを接続。

シガープラグケーブルにギボシで接続
シガープラグケーブルに、ギボシ端子を付けて接続します。
※この時、車体側プラスのギボシ端子はメスのものにしておくのがセオリーです。メスのギボシ端子には絶縁カバーがつけられるため、外れたとき短絡事故を防ぐ効果があります。今回はうっかり逆にしてしまいましたが…

USBコネクタに巻き取りケーブルを刺した様子
すきまトレイを座席に設置し、シガープラグを差し込みました。

すきまトレイを設置、USBコネクタの様子
巻き取り型の充電ケーブルを挿してみました。

スポンジの位置を調整
スポンジがぶ厚すぎたので、量を減らします。

ブチルゴムテープまき直し
ブチルテープも巻き直しました。

ケーブルホルダーを設置
ケーブルホルダーを設置。

黒いケーブルを使ってみた
白い巻き取り式のケーブルはつけておくと少し見栄えがよくなかったので、黒いケーブルに変更して、ケーブルホルダーに引っ掛けておくようにしました。

USBコネクタ、ケーブルホルダー、全体
全体の様子です。

なお、この記事を参考にされたことによって起きた全ての事象について、私は一切の責任は負いません。[At Own Your Risk]
スポンサーサイト

テーマ : DIY日記
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

Bonezine

Author:Bonezine
狭い視野で浅はかな発想と奇異な日常を語ります。本気にしちゃだめだよ。

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。