FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電を導入したので色々書く・その5

お久しぶりでゴンス。なんかもう定期的に放置してるどうでもいいブログですが。たまーに更新する気が起きることもあります。

今回の更新内容は、3年前の記事、太陽光発電を導入したので色々書く・その4 の続きになります。

ソーラーフロンティア製のソーラーパネル発電・売電システムを導入してから7年、その後の収入額をまとめてみた。

※検針日が一定ではないので稼働日数も一月分で28日~32日と変動しており一定期間の値ではありません

2011/07 ¥6,192
2011/08 ¥18,192
2011/09 ¥12,816
2011/10 ¥16,944
2011/11 ¥11,808
2011/12 ¥13,920
2012/01 ¥10,560
2012/02 ¥14,448
2012/03 ¥15,216
2012/04 ¥13,056
2012/05 ¥17,952
2012/06 ¥18,528
2012/07 ¥14,832
2012/08 ¥16,704
2012/09 ¥18,096
2012/10 ¥17,088
2012/11 ¥13,824
2012/12 ¥12,144
2013/01 ¥11,040
2013/02 ¥13,488
2013/03 ¥15,456
2013/04 ¥20,160
2013/05 ¥15,696
2013/06 ¥22,416
2013/07 ¥13,200
2013/08 ¥17,856
2013/09 ¥15,840
2013/10 ¥15,696
2013/11 ¥10,704
2013/12 ¥13,056
2014/01 ¥11,424
2014/02 ¥14,400
2014/03 ¥14,640
2014/04 ¥16,752
2014/05 ¥17,568
2014/06 ¥21,792
2014/07 ¥14,448
2014/08 ¥13,392
2014/09 ¥18,192
2014/10 ¥11,376
2014/11 ¥11,136
2014/12 ¥11,616
2015/01 ¥11,280
2015/02 ¥13,584
2015/03 ¥15,024
2015/04 ¥12,528
2015/05 ¥15,792
2015/06 ¥21,600

2015/07 \14,544
2015/08 \13,584
2015/09 \15,312
2015/10 \9,264
2015/11 \11,952
2015/12 \10,608
2016/01 \9,792
2016/02 \13,440
2016/03 \14,736
2016/04 \13,344
2016/05 \14,400
2016/06 \20,400
2016/07 \13,344
2016/08 \12,576
2016/09 \14,352
2016/10 \10,944
2016/11 \9,360
2016/12 \9,984
2017/01 \11,328
2017/02 \14,496
2017/03 \16,656
2017/04 \15,120
2017/05 \16,800
2017/06 \18,672
2017/07 \15,360
2017/08 \17,136
2017/09 \9,264
2017/10 \12,816
2017/11 \8,256
2017/12 \11,616
2018/01 \11,328
2018/02 \14,256
2018/03 \13,344
2018/04 \13,680
2018/05 \16,512

2011/07~2015/06まで48ヶ月の合計:713,472円 月平均14,864円
2015/07~2018/05まで35か月の合計:490,176円 月平均14,005円
全期間の合計:1,203,648円 月平均14501.78円

前回の集計の時と比較すると月平均額で6%ほど減少しているのが気になるが、この83ヶ月間、パネルや設備をノーメンテナンスでやって来れていることを考えれば、パネルの劣化分と考えても上出来ではないだろうか。

前回の予想では8年間くらいで投資額142万円を回収できる見込みだったが、このままトラブルなしでいけば見込み通り8年目の来年には投資額は回収でき、買取額が42円である10年間のうち残りの期間は月額14,000円ほどの利益になると考えていいのだろう。

なお太陽光発電設備の減価償却期間は17年なので、11年目以降に売電収入が安くなったとしても7年間は減価償却分を所得から控除できるメリットも(わずかながら)ある。

以下余談:

ここ何年か、むやみに山野を切り開いて設置されたソーラーパネルが景観や環境を破壊したりとか、メガソーラーが多すぎて系統連系の許容量を越えたりとか、悪徳業者が不完全な危険な工事をしているとか、高額買取期間に申請された権利だけ売買されていつまでも着工しないまま転売されるソーラー用地とか、さまざまなバッドニュースが報道されるようになっています。

個人的な見解としては以前から変わらなくて、太陽光発電は現状でも他の自然エネルギー利用と比べると効率面でも土地利用の面でもさまざまなメリットがあるので、使い方やビジネスのしかたさえ間違えなければ、今後も有望だと思っています。

大事なのはまず地産地消すること。そもそも天気の良い昼間しか発電できないし出力コントロールもできないので安定したベースロード電源にはほど遠く、送電系統に連携しても夏場のピークカットくらいにしか期待はできません。
なので、問題になってしまった全量買い取り制度は誤りで、使われる場所の近くで発電して自家消費するのが最も経済的合理性があります。せいぜい余ったのを近所に売る程度がベストだと思います。
今後、もし蓄電池の性能やコストパフォーマンスがブレイクスルーしたなら、蓄電設備とセットで考えればさらに有望になってきますね。

一言でいうと、ソーラー発電は正しくても政策がクソだとどうにもならんということです。
スポンサーサイト

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

Bonezine

Author:Bonezine
狭い視野で浅はかな発想と奇異な日常を語ります。本気にしちゃだめだよ。

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。